1. >
  2. 例)肌に優しいものが良い、使うとニキビが出来にくい、等 スーパー、薬局などで売られてるメジャーな商品はあまり効かないイメージ。薬を使うなら病院の薬が一番いいです。

例)肌に優しいものが良い、使うとニキビが出来にくい、等 スーパー、薬局などで売られてるメジャーな商品はあまり効かないイメージ。薬を使うなら病院の薬が一番いいです。

思春期ぐらいからニキビができはじめたが、良いニキビ商品に出会ったことがない。

ニキビを本当に直したいなら、患部に薬を塗るのではなく、体の中から変えていかないと治らない。

多少のニキビなら気にする必要なし。

誰もそんなにニキビ見てない。

自分の体験では、30歳過ぎると、ニキビも吹き出物も、顔にできる数が減ってくる。

規則正しい生活をして、洗顔で清潔にし、ストレスを溜めない、小さなことに悩んだり、落ち込んだりしなければ、いずれ治る。

肌に優しく、添加物の少ないもの。

ニキビ歴7年いまだにニキビケア中の私ですが、一通りのスキンケア用品つかいました。

刺激が強くてかっさかさになったり、オイルっぽいのを縫って脂っぽくなりすぎて増えたり。

自分の肌質に何が合うのか分からないまま数年が経過しやすいものから高いものまでいいと言われれば何でも使いました。

たぶんニキビケア用品にかなりのお金使ったと思います。

仕事をし始めてからはある程度つかえるお金もふえ、友人の勧めでかなりお値段高めですが、ニキビに関係ないブランド化粧品に変えてから落ち着きつつあります。

やっぱろり化粧品ってお値段高いとそれなりに期待できるものなのかもと思い始めています。

できたニキビの治りを早める効果のあるものが多い

中学生の頃からニキビに悩んでいて、いろいろな化粧品を試してきました。

効くもの、効かないものいろいろありましたが、今でも使っているのはニキビ用洗顔石鹸です。

これをよく泡立てて手が肌に触れないように優しく洗顔すると、ニキビ対策に効果があると感じています。

石鹸なので、保湿効果は期待できない分、洗顔後の保湿には特に気をつけています。

洗顔後すぐに化粧水を念入りに浸透させ、保湿クリームで蓋をしています。

これだけで、私のニキビはかなり改善されたように思います。

化学的な物質よりもナチュラルなものを使っていてお肌に優しい。センシティブスキンにも使えるもの。

仕事がすごく忙しくてストレスをためてしまった時、おでこにきびがひどくなり、化粧もできないほどになってしまいました。そこまでひどくなってしまったこと自体がまたストレスになってしまい大変でした。仕方がなく皮膚科へ行き、皮膚科でもらった薬を塗り続けていたらだんだんよくなりました。もちろんストレスも関係していますが、先生が言うには化粧品が合わなかったりするのも原因の一つとのこと。それからなるべくナチュラルで肌にいいものを使うようになり、今は前ほどニキビに悩まされなくなりました。高価な化粧品よりも、自分に合うものを見つけるほうが良いと今では思っています。